INFORMATION相続について

2019年10月15日

主な生前対策の方法

相続について

相続人の把握や相続税のおおよその金額、分け方、納税資金など、相続税対策にはいくつかの課題を同時に把握していく必要がありますが、とりわけ重要なのは相続税(納税額)の把握でしょう。この点を早期に把握しておくことで、納税の要否や節税の重要性がわかってきます。そして大きく節税するためには、やはり不動産を活用しない手はありません。不動産を通じた贈与や不動産の購入、資産の組み替え、法人設立など、生前からきっちり取り組めば効果的に結果が出る方法があります。

目次

子への贈与

子や孫に賃貸不動産を贈与することで、被相続人が持つ家賃収入を受け取る権利を子や孫に承継できます。また、子や孫の納税資金になります。

配偶者への贈与

婚姻期間が20年以上の夫婦なら、贈与にあたり2000万円(暦年贈与を合わせると2110万円)を課税価格から控除することができます(ただし同じ夫婦で1度のみです)。

賃貸経営の法人を作る

法人を作り、妻や子供をその役員とし報酬とすることで家賃収入を分散させることができます。

資産の組み換え

下記のような資産の組み替えを行うことで、相続の評価額を下げたり収益を上げることができます(詳細はお問い合わせください)。

・土地を売却して賃貸不動産を建築する。
・生前にリフォームして現金を使う。
・妻や子の名義で賃貸不動産を建築する。
・賃貸不動産を売却して収益性の高いものに買い替える。
・アパートなど収益性が同じでも敷地の形状の悪い土地のアパートに買い替える
など。

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

03-6452-5521