TROUBLEどうして不動産相続は悩ましいのか?

どうして不動産相続は悩ましいのか?

どうして不動産相続の手続きは悩ましいのでしょうか。それは「同時に解決したい課題」が複数あるのに、判断するための基準や知識が十分に整理できていないからです。具体的な課題には次のようなものがあります。

具体的な課題の例

  • 親族が持っていた不動産のことを把握できていない

  • 売却・リフォーム・建て替えなどの経験がほとんどない

  • 相続の発生後、納税までにあまり時間がない

  • 不動産処理を決定するための判断基準がない

  • 不動産処理を決定するための相場や価格がわかりにくい

  • 最寄りの専門家が、自分の営業のPRに偏っており相談しづらい

  • 税金対策が必要な場合、併せて資金準備が必要になる

  • 相続人が確定していない

  • 法定相続人の間で相続に関して揉めている

  • 親等の近い親族とあまり親しくない

  • 親世代と子世代で考え方に相違があり、意見がまとまらない

このように、意思決定をする際に「情報がない」「判断基準がない」「意見がまとまりにくい」「仲が悪い」といった状況に陥ってしまうことが、相続手続きが難航する原因として考えられます。

当社は不動産相続のプロフェッショナルとして、これらの現状や課題を的確に把握し、お客様にとって最適なアドバイスを日々行っております。


CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

03-6452-5521